« 芝桜とツツジ | トップページ | オイル交換とうどんの日 »

2007年5月 7日 (月)

アドレスのタイヤとプラグを交換しました。

ZRXのプラグ交換に続き、今日はドラスタ川越にりんかんに行き、リアタイヤを交換してもらいました。フロントはまだ余裕ありますがリアはスリップサインが出ている状態。走行距離は11550kmで交換。結構ロングライフだったと思います。

新車で買った時から付いていたのはダンロップのD306G、新しいタイヤはダンロップのD306です。同じ種ですがトレッドパターンが違います。

値段は4800円、工賃が2625円、確か前後共交換工賃は3000円代だったのでちょっと割高ですが。

Dscf1348

ついでに点火プラグも買っちゃいました。NGKのイリジウム1449円です。早速家に帰り付けてみました。

Dscf1349

作業手順はシート下と左側にある蓋を開ける。コードを抜く。私はエアーコンプレッサーを持っていないのでカメラ用エアーブロアーでプラグ周りの埃を吹き払う。古いプラグを先端フリーのプラグレンチではずす。新プラグのねじに薄くグリスを塗りプラグレンチで取り付ける。レンチを回し硬くなった所から増し締めは1/2回転まで(私はシリンダーヘッドのねじ切が怖いので1/4まででしたが)

先日のZRXなどDOHCの場合はタンクをはずして4本交換ですが、単気筒OHCエンジンは比較的簡単、楽に交換できますね。

早速プラグとタイヤの試走に行ってきました。場所は奥多摩の秘境、日原林道(何年前か忘れましたがXLRで行って、自然破壊だと登山のおじさんにえらく叱られた)です。昨日の雨で林道はグチャグチャです。アドレスの場合、エアー吸い込み口が低いので水溜りから泥水をエンジンに吸い込むとヤバイので途中で引き返してきました。付けたばかりのタイヤは泥まみれです。

残念ながらカメラとgeko201は忘れてしまい、映像はありません。

走った感想はタイヤは乗り心地がソフトになった。アドレスは軽いので倒せて、きついカーブにも突っ込める(新品タイヤは皮むきが必要と言われていますが、道路のペイント、マンホール、トンネル内のコンクリート路さえ気を付ければ大丈夫だと思います)

イリジウムプラグの方は数値的な検証ができないのですが、私の体感では加速性、登坂性が若干上がったという感じです(今日はアドレスに試しにハイオク入れてみました・・・本ではハイオク入れても差が無いと書いてありますが)

いずれにせよ、アドレス調子いいです。

今日、奥多摩の帰りにトリッカー(スリックタイヤと、どこのメーカーかわかりませんがリプレイスのマフラー付けて音が素晴らしい)の後を付いて帰ってきました。う~ん、なかなかイイバイクですね。

お金に余裕があれば欲しいのですが、本日の走行は170kmでした。

« 芝桜とツツジ | トップページ | オイル交換とうどんの日 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アドレスのタイヤとプラグを交換しました。:

» 仙台市宮城野区歓送迎会 [仙台市宮城野区歓送迎会情報]
仙台市宮城野区歓送迎会情報が満載のサイトはコチラ! [続きを読む]

« 芝桜とツツジ | トップページ | オイル交換とうどんの日 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック