« 奥多摩ショートソロツー | トップページ | 伊豆半島一周・海沿いを走る日帰りソロツー »

2007年5月31日 (木)

昇魂の碑

今日は仕事休みの日。朝、同じ職場のアッキー君からツーのお誘い。

天気予報を見ると関東地方は夕方から雷雨と言うことでした。何とか大丈夫だろうということでツー決行。

前々から行きたかった長野県メルヘン街道、麦草峠に行くべく8時30分飯能待ち合わせ出発です。私ZRX1200とアッキー君GPZ1100のデュオツーです。

飯能は晴れていましたが、西の方角を見るとぶ厚い積乱雲が・・・まぁ行ける所まで行こうと軽い気持ちでゴーでした。

コースは飯能~秩父~志賀坂峠~上野村~峠のうどん~昇魂の碑~上野村~志賀坂峠~秩父~飯能 というコースに変更になりました。Dscf1416

群馬県上野村に到着。11時ちょっと前ですが、いきなりの雷雨に雨宿り。ちょっとめげています。ここで30分待って塩之沢峠手前にある峠のうどん藤屋さんに移動開始。

Dscf1419

しかし、藤屋さんに向かう途中、またもや激しい雷雨。トンネルの中で20分位雨宿りです。

Dscf1421

小雨の中、峠のうどん、藤屋さんに到着です。今日もうどん(普通盛り)500円の注文です。ちょうどお昼時だったので郵便局の配達員さんやこの辺りで働く作業員さんで混んでいました。

東京電力の作業員さん二人が大盛り注文。大盛りうどんの凄まじさを目のあたりにしました・・・すごい量・・・唖然・・・二人とも完食・・・さすが

私、アッキー君も普通盛りを完食・・・苦しいス。

Dscf1422

食べ終わった後は薄晴れだったのですが、雷雨にめげてしまい、国道で2番目に高い標高の峠、麦草峠行きを断念しました。代わりにここから20km位の所にある御巣鷹の尾根、昇魂の碑に行くことを決意。出発であります。

Dscf1424

昇魂の碑登山道入り口駐車場でアッキー君が登山者名簿に記入しているところです。ここまでは林道ですが、砂、落石は落ちているものの完全舗装で走りやすかったです。

Dscf1423

ここから昇魂の碑まで距離約800m高低差約100mは歩いて登山です。約30分で着きましたが、久々の登山で息が切れ、汗まみれです。

Dscf1427

昇魂の碑(標高1300mちょっと)に到着です。23年前の夏520名の尊い命を奪った日航機墜落事故現場に立てられた昇魂の碑です。

合掌であります。

この近くに小さな建物があり遺品等が飾られているのですが、新婚カップルの結婚式の写真を見てものすごくかわいそうで悲しくなってしまいました。

遠雷が聞こえてきたので昇魂の碑を後にして急いで下山です。15分で下山しましたが、ポツポツ雨が落ちてきます。雨宿りする場所がないので駐車場で急いでカッパを着て林道を引き返しです。

林道を下っていると叩き付けるような雷雨。林道が川と化しています。転倒しないようになんとか全国郷土玩具館までたどり着き雨宿りです。Dscf1428        

少し小降りになったので帰路につきます。

この後秩父までは奇跡的に雨は降っておらず芦ヶ久保道の駅で休憩。名栗の山伏峠では濃霧でしたが何とか無事に18時頃帰宅しました。走行230kmでした。アッキー君お疲れでした。

« 奥多摩ショートソロツー | トップページ | 伊豆半島一周・海沿いを走る日帰りソロツー »

バイク」カテゴリの記事

コメント

グータンおじさんこんばんは。今日は本当にお疲れ様でした。当初予定されていた、職場慰安バイク日帰り旅行が前日に中止となり、楽しみにしていたのでがっかりしていたのですが、グータンおじさんがツーに連れて行ってくれたので、とても楽しかったです。しかしなぜかグーさんとご一緒すると必ず雨が降りますね。どっちが雨男なのでしょうか?ちなみに僕は小さい時から必ず遠足や楽しみにしているイベントの時は雨が降っていました・・・・・・ということは私が雨男ということでしょうか?しかし今日も藤屋さんのうどんはボリュームがありおいしかったですね。500円で心もお腹も大満足という感じです。また、今日は予定になかったのですが、急遽あの日航機墜落事故の現場である、御巣鷹山の慰霊碑登山も行うことが出来ました。私は以前からこの事故には大変関心があり、一度は事故現場へ行き、慰霊碑に手を合わせさせて頂きたいと思っていました。やはりこの事故は航空機史上まれにみる大惨事であり、決して忘れてはならず、二度とこのような悲惨な事故が起きないように一人一人が心に留めていなくてはいけないことではないでしょうか。そんな訳で今日は本当に充実した、ツーが出来たと思っています。しかし登山(3回の休憩も含め約30分)の途中にグーさんが、非常に疲労困憊しており、途中で止めようと言い出さないか、ひやひやしておりましたが、二人で見事登頂に成功した時は、感動さえ覚えたのであります。また、全く携帯が通じない場所のため、ぐーさんが心肺停止になったらどうしようかという心配もしていたのでありますが、なんとか最後まで登山を無事に終えたことが出来、グーおじさんの根性を見直したのであります。雷雨に見舞われ苦労もありましたが、本当に今日は充実したツーであったと思います。今度は甲府の激盛りらーめん「ぼんち」に挑戦ツアーに是非連れて行って下さいね。楽しみにしています。ではグーおじさんゆっくり休んで、お互い世のため人のために頑張りましょう!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昇魂の碑:

» カワサキ バイク ZRX1200R Kawasaki 動画付 [カワサキ バイク]
カワサキネイキッドモデルの中で、空冷ゼファーシリーズと双璧をなす、水冷ZRXシリーズ鐔ワ愁鐔ワ愁 [続きを読む]

« 奥多摩ショートソロツー | トップページ | 伊豆半島一周・海沿いを走る日帰りソロツー »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック