« オイル交換とうどんの日 | トップページ | 峠の茶屋 »

2007年5月13日 (日)

林道三昧の一日

今日はかねてより計画していた日本の林道最高標高(約2300m)の長野、山梨県境を走る川上、牧丘林道大弛峠を走るため家を8時30分頃出発。

皆様の書いた大弛峠のサイトを見させていただきましたが、かなり荒れた急坂ダートということで今日はパンク修理セット、空気入れ、工具一式、0.5リットルガソリン携行缶、飲料水0.5リットル、また電気系統のトラブルに備え10Aヒューズ3個も携行。私(82kg)も含めてかなり重たくなりました。

こんな携帯も通じず、荒れた林道でトラブッタらJAFは来てくれませんからね。

服装も高所走行を視野にいれ準冬用であります。

コースは

自宅~名栗湖~広河原逆川林道(名栗峠)~秩父~中津川林道(三国峠)~川上、牧丘林道大弛峠越えの予定だったのですが、川上、牧丘林道通行止めの為、中津川林道~信州峠~大野山林道~木賊峠~クリスタルライン~乙女高原~塩山~柳沢峠~奥多摩~青梅~自宅

に大きく変更になりました。

Dscf1362

毎度おなじみの名栗湖でございます。

Dscf1366

名栗峠を経て秩父さくら湖に下りてきました。

さすが日曜ですね。広河原逆川林道(名栗峠)はランニングしている人から自転車、二輪、四輪共に多くにぎやかでした。

Dscf1367

中津川林道です。17kmダートになりますがこの辺りはまだ走りやすく20~30km/hで走れます。

Dscf1368

手掘りのトンネルって感じです。ここを潜るとかなり登り坂になり、道もやや荒れてきます。10~20km/hにペースダウンします。

オフローダー、四駆車数台とすれ違いました。みんな長野方面から降りてくるのですかね。

ビックリしたのはセルシオとすれ違ったことです。腹すらないのでしょうかね。

Dscf1369

埼玉、長野県境の三国峠(1740m)です。ここから長野県川上村ですが、一気に下り坂になり快適な舗装道路になります。隣のオフ車はたまたま隣になっただけです。

Dscf1370

ここを左折して大弛峠に向かいますが

Dscf1372

このありさまです。

仕方なくツーリングマップルで別ルートを探し山梨県側からアプローチを考えます。

Dscf1376

クリスタルライン・乙女高原経由で大きく迂回です。この辺りの林道は舗装され快適なのですが、こんな落石とか路肩から崩れた砂が多かったり、対向車が多いですし、少し注意が必要です。この辺は登ったり降りたりの繰り返しでした。

大弛峠山梨側近くに来ましたが、腹が超すいていたのとガソリンが乏しくなってきたので一度牧丘まで降り、それぞれ補給です。人間にはほうとう屋さんの・はやし・で親子丼大盛り(すいません、店は家族ずれが多くて恥ずかしくて写真撮りませんでした)を、アドレスにはガソリン約4リットルを補給して大弛峠山梨側に再出発であります。

Dscf1380

トホホ・・・山梨県側も通行止めです。山梨側から大弛峠までは舗装路なので大丈夫かなと思ったのですが、残念です。

看板によりますと来月から開通するみたいですね。大荒れダートの長野県側は定かではありませんが。

仕方なく奥多摩経由で帰路であります。

Dscf1381

いつもの定番、国道411号柳沢峠です。コーヒーとタバコタイムです。今日は風が強いせいか富士山がきれいに顔出していました。

17時30分頃に帰宅。一日これだけ遊んで使ったお金は2000円位です。

走行は320kmです。また来月リベンジするようですね・・・

geko201の高度データは近日中にマイHPに載せる予定ではいます。

« オイル交換とうどんの日 | トップページ | 峠の茶屋 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 林道三昧の一日:

« オイル交換とうどんの日 | トップページ | 峠の茶屋 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック