« うどん作り | トップページ | アドレスのタイヤ交換 »

2007年12月 9日 (日)

名栗林道プチツー

今日は親父の月命日だったのでお袋、弟と私の家族で墓参りに行ってきました。

今日はバイクに乗るつもりは無かったのですが帰り道、クルマの車窓に広がる山の稜線に我慢できず夕方近い時間でしたがバイクに跨り近所ではありますが名栗の林道に行ってきました。

家を出発したのは15時頃、名栗路を西に向かって走りましたが、ツーリング帰りでしょうかたくさんのバイクとすれ違いました。冬に突入しましたが天気よい休日はバイク乗り多いですよね。

今日も来てしまった名栗湖。今日暖かくしてくれた太陽は西の稜線に隠れそうです。

Dscf2608

ホント、ここには何回来たかわかりません。さらに何回通ったかわからない程通った広河原逆川林道を上ります。

Dscf2612

広河原逆川林道です。通行止めではなかったですが終始すれ違ったのは乗用車2台だけ。

Dscf2613

途中からは西名栗林道に寄り道

Dscf2614

西名栗林道にて。対側の山に大名栗林道が見えました。早く復旧してもらいたいです。再び広河原逆川林道に戻り少し上がったところにある大名栗林道終点まで来ました。

Dscf2616

以前通行止めが続いていますね。崩落現場を見るため通行止めを侵入します。

Dscf2617

崩落現場手前に更に通行止めのゲート。何故かクルマ1台が止まっていました。少し奥に人工の盛り土があります。おそらく車両を侵入させないための処置でしょう。私は盛り土の脇を通りましたが、オフ車が盛り土を越えた跡がありました。

Dscf2618

大名栗林道の崩落現場。水の力ってすごいですよね。

Dscf2619

測量が始まった感じなので近いうちに工事が開始されそう。

再び広河原逆川林道に戻り頂上の有馬峠を目指します。

Dscf2621

先ほど通った西名栗林道と関東平野が開けてきます。今日は筑波山まで見えました。

Dscf2623

夕日を浴びた街並みがとても綺麗です。

Dscf2624

名栗湖です。

Dscf2625

頂上の有馬峠です。標高1000m以上なのでさすが冷たい風が吹いています。所々路面凍結した個所がありました。ここで引き返し家路につきます。

Dscf2610

もうすぐ2万キロです。

Dscf2609

リアタイヤはご覧のとおりツルツルです。2回目のタイヤ交換するようです。昔CB400乗っているときツルツルのまま乗っていてパンクしたことがあります。フロントタイヤもまだ溝はありますがヒビが入ってきました。フロントのブレーキパッドもかなり減ってきました。全てセットで改修する予定です。

16時頃帰宅。走行50kmのプチツーでした。

« うどん作り | トップページ | アドレスのタイヤ交換 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名栗林道プチツー:

« うどん作り | トップページ | アドレスのタイヤ交換 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック