« 家族と夕食会 | トップページ | アマチュア無線機 »

2008年1月17日 (木)

大血川林道ツーリング

またもや雪道の林道ツーに行ってきました。今日は埼玉・秩父の林道 大血川、雲取、金山・志賀坂林道に行ってきました。冬の高地の厳しさを思い知りました。

今日は10時30分頃自宅を出発。いつもの名栗経由ではなく、自宅近くの長尾坂・野口入林道を越え東吾野駅付近よりR299に入り秩父を目指します。今朝ウチの方も雪が舞ったみたいです。例年よりだいぶ遅いですが初雪かな。

Dscf2909

まずは芦ヶ久保道の駅でコーヒータイム。バイクは私のオヤジン号だけ。冷たい風が吹いていますが気持ちいい

この後秩父市街からR140に左折、奥秩父大滝方面に向かいます。

Dscf2915

まずは大血川林道からスタート。昨年10月以来の大血川です。前線舗装の峠越えの林道です。

Dscf2916

しばらく上がると日陰部分はアイスバーンになります。ゆっくり20km/hで登ります。

Dscf2917

標高が上がるにつれアイスバーンから軽めの雪質の雪道に変化。IRCのGP110はたまにリアが振れますけど順調にグリップ、登りますね、このタイヤ

Dscf2918

おっと 太陽寺付近より通行止めですか・・・脇より侵入いけるところまで行きますよ。

Dscf2920

段々雪が深くなってきました。まだ行きます

Dscf2922

頂上が近くなってきました。15cm位積もったパウダースノーです。

Dscf2924

頂上付近よりの眺め 前回は曇りだったのでイマイチでしたが、こんなにいい風景だったのですね。

Dscf2929

がけっぷちを走る大血川林道です。

Dscf2930

アドレスも雪まみれ。

Dscf2931

三峰トンネルです。この辺りが最上部だと思われます。GPSのgeko201でのelevは1364mです。注 GPSのデータは多少の誤差があります。

気温計は-2.9℃を表示しています。

このトンネルを潜ると一転下りになります。この標高ですと日が当たる部分も雪が解けず雪道です。

Dscf2932

こちらは下り側・・・リアブレーキ&二足補助ブレーキで20km/hで下ります。

Dscf2933

終点です。起点から12.3km走りました。さて通行止めのチェーンは困ったものですが、何とか向こう側に出ます。

Dscf2936

この通り。ここは三峰神社近くです。elev1055m

ここから県道278になります。

278から秩父湖に下ります。途中、三峰ヘリポートで埼玉県防災ヘリと横浜市消防局のヘリコプターが山岳救助訓練をやっていました。明日も実施するとのことです。

Dscf2940

横浜市消防局のヘリ

Dscf2943

埼玉県防災航空隊のヘリ

まぁ私もドジこいて彼らのお世話だけはなりたくないと思っていますが・・・それにしてもかっこいいです。

さて、ここから少し降りたところに雲取林道起点があります。

Dscf2946

雲取林道です。若干路面凍結しています。

Dscf2947

奥まで来るとアイスバーンになります。

Dscf2948

自己責任でと言うことでしょう。

Dscf2950

廃屋です。

Dscf2952

廃屋を過ぎると圧雪路になります。バージンスノーです。動物の足跡が多いです。冬眠し損ねた熊はとても怖いらしいので遭遇しないよう時たまホーンを鳴らし熊避けします。

Dscf2953

雪の下に落石が多いですね。

Dscf2954

崖にはつららが

Dscf2956

大洞橋を渡るとダートになります。この先は昨年10月に走りましたが大荒れのダート。アドレスでは絶対走れません。ぶっ壊れます。ここでUターンします。

この後は今日3本目の金山・志賀坂林道に向かいます。

Dscf2961

昨年末、急勾配雪道で撃沈した舗装林道です。後輪タイヤをブロックタイヤにして再挑戦。

Dscf2962

廃校や廃屋がたくさんあります。ちょっと不気味です。

Dscf2963

昨年末撃沈した場所です。今日は更に条件の悪いガチガチアイスバーン。さすがに後輪はむなしく空転。今日は意地でも登ります。バイクから降りて後輪回しながら押して登ります。何とか登れましたがアツイ事。汗かいちゃいました

Dscf2964

アイスバーンで苦労しましたが意外と雪道はないです。南斜面なので融けちゃうのですかね。

Dscf2965

最上部の八丁トンネルまで来ました。長い真っ暗なトンネルに入ります。ヤッパリ不気味だなぁ

Dscf2966

トンネルを越えると雪国でした。elev1238m

Dscf2967

もの凄く冷たい風が吹いていますが、目の前には絶景です。

Dscf2968

駐車場と東屋、トイレがあります。しかし寒いです。今日はジェットヘルメットで来ましたがシールドを上げてビックリ・・・吐いた息の水蒸気が凍ってシールドの下端からつららになっているではないですか。

Dscf2971

気温計では-5.1℃です。先ほどの汗も体温奪います。不思議と次から次へと流れ出る鼻水は凍りませんけど(笑)

ここからは一気に下りになります。

Dscf2969

昨年9月に来たときはここを下った所で大規模な崩落があり通行できませんでしたが、クルマが通ったわだちがあり、もしや改修工事がされたのではと思い志賀坂峠まで下ることにしました。志賀坂峠経由の方が近道ですし、しかし

Dscf2970

考えは甘くありませんでした。やはり、ダメでした。ここからUターンになります。もう日が暮れそうでヤバイです。今降りてきた雪道をまた登ります。しかし寒いです。段々気温も下がり-7℃近くまで下がっています。今日も南極探検隊の着膨れ状態ですが、ここまで気温が下がると寒いです。おまけに昼は食べていないので空腹状態。

もしここでエンジンや機体トラブルでもあれば死ぬなという気持ちも起きてきます。

先ほどの気味悪い八丁トンネルを越え何とか中津川まで無事降りることができました。

ちょうどR140に出た辺りで真っ暗になりました。山の中で日が暮れたら嫌でした。あ~助かった。

ここから秩父市街に下りて給油、行きと同じR299、長尾坂・野口入林道経由で自宅にたどり着きました。

19時頃帰着。210km走行でした。

いゃ~今日は達成感でいっぱいです。でも最後金山志賀坂林道では気温が急低下。誰も来ないところでトラブルが起きると命取りですな。ちょっと怖いかも。

大血川林道の詳細は後日マイHPに記載予定です。

« 家族と夕食会 | トップページ | アマチュア無線機 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

無事帰還、おつかれまでした。

平和に餃子食べてると思ったら、やっぱり出かけてしまったんですね~。

単独行はいざというときちょっと怖いですかね...。

寒い多摩をよく走りましたけど、-5度とか-7度は経験したことがありません。

グータンさんの写真はいつもきれいですけど、今回のはとりわけ状況が伝わってきました。いつかは行ってみたいと思います。

Shiraさん、こんにちは。いゃ~空気が澄んでいて景色は最高でしたよ。-5℃になると顔や足先は冷たいというか痛くなってきます。夕方の金山志賀坂林道はさすがに心細くなっちゃいました。何かあると携帯電話も通じません。アマチュワ無線機でも買おうかな、なんて思っています。

 はじめまして。

 グータンおじさんのブログは昨年秋頃から拝見させていただいています。私は昨秋からすっかり秩父に魅せられてしまい、自力エンジン、つまり自転車で駆け回っています(笑)。グータンおじさんは飯能にお住いだそうで、秩父近隣の林道を頻繁に走られていますね。羨ましいと同時に、ルート選択やルートの現況がとても参考になります。私が走った翌週に広河原逆川林道の一部ががけ崩れをおこしていたり(笑)。

 雪の大血川林道、広河原逆川林道がとても綺麗ですね。自転車ではとても走れませんので(自動車はチェーンすら持っていない街乗り仕様)、風景だけ楽しませていただきました。

 そうそう。大血川林道最初のトンネルは駆ヶ越トンネルです。ここを抜けた所は絶景ですね。私も秋にはそこで絶景を楽しみながら食事をしました。駆ヶ越トンネルも三峰トンネルも照明がないのが難点ですが。

 大陽寺の所は冬でも雪がないんですね。11月の時も太陽が照りつけて暑くてたまらない場所でした。

 結構危険な道を走られていますので、くれぐれも事故などにお気をつけください。ブログの更新を楽しみにしていますので(^^)。

swangさん。こんばんは。私も若い頃両親にバイク禁止されていたので日曜というと自転車で奥多摩とか檜原、相模湖方面にはよく行きました(当時は東京都府中市に住んでいました)。今は自転車がバイクに変わっただけです。かなり昔から山の風景が好きでした。でも自転車で林道越えできたら達成感でいっぱいですよね。ダートの大名栗林道とか中津川林道を走っている自転車もよく見かけます。これからも更新しますのでよろしくお願いします。

初めまして。
昨日アド125Gを買ったばかりで色々情報を調べてたらグータンさんのブログにたどり着きました♪
読みやすやとほのぼの感が伝わりついつい見てしまいました^^
自分は多摩方面の人間ですが、長野山梨方面にはソロツーしますので知っているところばかりで楽しくこれからも拝見させていただきますので宜しくお願いします♪

ヤスさん。コメントありがとうございます。アドレスを買ったばかりなのですね。これからはツーリングいい時期ですね。アドレス正直言いましていいバイクです。これからもよろしくです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大血川林道ツーリング:

« 家族と夕食会 | トップページ | アマチュア無線機 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック