« こんな画像見つけました | トップページ | マイ フェイバリット シングス »

2008年3月26日 (水)

山バイクがやってきた

今日、我が家に新しいオフ車のバイクがやってきました。3台もバイク持っていてちょっと贅沢過ぎかな~

バイクは07年式のヤマハセロー250です。昨年生まれた新車(悪く言えば売れ残りバイク)です。

レッドバロンで06、07年式のバイクの安売りをしており かなり安くしてもらいました。

私のバイクライフでは2台目のヤマハバイクです。

山バイクの候補としてヤマハセロー、トリッカー、カワサキスーパーシェルパなどの小型サイズを考えていましたが後輪がチューブレスでパンク修理が簡単な事から最終的にセローに機種選定しました。もっと若ければKLXとか乗りたかったですけどね。

セローは排ガス規制で08年式からインジェクション車として生まれ変わりましたが最後のキャブ車を購入しました。

買ったお店は埼玉県内のレッドバロン某店。初めてレッドバロンでバイクを購入しました。

このチェーン店の良い点は支店が全国にある事と無料のレッカーサービス(10時~20時)がある事ですかね。トラブルの際の安心感とちょうど新車を中古車並みに安くしてくれた事で迷わず購入してしまいました。

午前中にXLRに乗り家を出発。

Dscf3391

最後のXLRの勇士・・・レッドバロンで修理され外国で売られます。これまでありがとう。外国の新しいオーナーのもとでいつまでも元気で走ってもらいたいです

お昼ちょっと前にお店に到着。書類の記入等が終わりセローとご対面

Dscf3392

こいつが私のために生まれてきてくれたセローさすが新車光ってますネ~・・・感激

お店から処女航海に出港。

初めて跨った感想はXLRに比べてだいぶ小さいなという点・・・すごくハンドリングが軽いですね

Dscf3394

飯能市の阿須公園にて

Dscf3396

オプションのアルミ製のエンジンガード オイル交換の際は取り外すようですが、あえて付けました・・・結構林道の凸凹路で下腹することが多いので

Dscf3397

オプションのリアキャリアとサイドバッグガード・・・泊まりのツーなんかでサイドバッグ付けられるようにとの考えです。今GIVIのモノケース付けるかどうか検討中です。

さてお昼も過ぎたので昼食タイムです。

Dscf3400

お昼は東京・青梅市の萬屋です。このお店は初めてです。何注文するか迷いましたが

Dscf3399

スパイシーガーリックチャーハン普通盛り880円です。鶏の手羽が3足入りヒリヒリ辛くニンニクがかなり利いているチャーハンです。

量的には普通盛りながら大盛りサイズです。私的には少々足りなかったですけど

お味は少々塩分が濃いのとご飯が柔らかすぎという印象ですか もう少し薄味でご飯がパサパサしていれば満点ですね。ちょっと血圧が高い人は止めておいた方がいいかも

コックは多分中国人です(日本語の発音が変だった)

次はラーメン類たべてみよう

Dscf3398

ゴチでした

さて、高カロリー食だったので食後の運動とダート路の走破性試験の為、奥多摩のダート林道 日原林道でテスト走行です。

まだ慣らし走行中なので林道は控えたいのですが、今日だけ比較的緩斜林道を選び走ってみます。

慣らしが終わった段階できつい林道にチャレンジしてみますね。

Dscf3401

奥多摩路で見つけたしだれ梅・・・セローと1ショット

Dscf3404

日原林道にやって来ました。約8kmダートのピストン林道です。

Dscf3406

いつも閉まっている孫惚谷林道のゲートが開いてるよ・・・今日は慣らしという事(急傾斜が多い)と昨年走って奥多摩工業の人に怒られたので止めておきます。

Dscf3409

ここで日原林道は終わりです。この先は崩落しています。登山者のクルマがバックして落ちないようコンクリートの護岸があります。

Dscf3410

下は急な崖で80m位下を谷川が流れています。落ちたら死にますな

Dscf3408

8kmのダート走ってこんなに汚れちゃいました。

走破性はと言うとサスはXLRに比べると固めですが全然問題なし。車体が小さい分かなり走破性は高次元ですなまずまずの走りです。

Dscf3413

林道はこんな感じです。たまに泥濘路面がありますけど

Dscf3415

日原林道を走り終え鳩ノ巣でトイレ&コーヒータイム。満足な走りをしてくれました。

17時頃帰宅 140kmの走行でした。

今日一日乗った感想ですが まだ慣らし中ですのでおとなしめに乗っていますが、加速性から言えば正直 アドレスV125の方が上です。まだ走ったことはないですけど高速道路も80km位で走るようかもです。

扱い性はXLR250より乗りやすくて まるで50ccのオフ車に乗っている感じです。小回り利くしダート路の走破性は凄くよく上出来です。シート高がかなり低いので両足もかるくベタ足で着くことができます(私の身長は172cmです)オフ志向の女性ライダーにも最適かもしれません。

新しい相棒セロー250 これから林道で転倒したりして傷が付くのはやむおえませんが事故等で失わないよういつまでも私の足になってもらいたいですね。

これで俊足のZRX、通勤快速のアドレス、山バイクのセローの3台が私の足になってくれてこれからのバイクライフ、ツーリングライフが楽しみです。誰ですか贅沢だ なんて言っている人は

このセローは私のホームページに記録記事を書く予定です。よろしければグータンおじさんのバイク日記林道編にもお立ち寄りください。

« こんな画像見つけました | トップページ | マイ フェイバリット シングス »

バイク」カテゴリの記事

コメント

ぜいたくすぎー(^^)

Shiraさん。こんばんは。とうとう我慢できず買っちゃいました。正直ウチはバイク貧乏です。車両代の他に維持費、保険代・・・お金が消えて行きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山バイクがやってきた:

« こんな画像見つけました | トップページ | マイ フェイバリット シングス »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック