« 白馬の騎士 | トップページ | 心霊トンネル »

2008年10月22日 (水)

中津川林道2

今日は紅葉最前線の中津川林道に行ってきました。イマイチ雲の多い天気でしたがそれでも楽しめました。

まだ購入3年もたたず走行3万kmに達してしまい通勤バイクの高寿命化ということで最近ツーリングユースを控えていたアドレスV125での久々のツーです。

9時30分頃家を出発します。当初は有馬峠まで行って帰ってくるつもりが気が付けばかなり遠くまで行ってしまったという感じです。

まずは広河原逆川林道で有馬峠を目指します。

Dscf5155

広河原逆川林道より山々を見ます。紅葉はしていますが名栗側は杉が多くイマイチです。

Dscf5156

日なたで日光浴している蛇です。長さは20cm位です。斑紋からマムシの子供と思われるですがマムシの割にはスマートな体型。シマヘビかもです。そっいえばこの前真っ黒な蛇見ました。何ていう蛇なんだろう。手を顔の前に持っていくと一丁前にも鎌首立ち上がらせます。

Dscf5157

有馬峠に着きましたが空気がすっきりしていませんでした。天気よく空気が澄んでいれば東京まで見渡せます。本当はここで帰る予定でしたが何か未燃焼で大血川とか中津川方面に行きたくなります。多分紅葉時期だろうし

広河原逆川林道を秩父浦山側に下ります。どちらかと言えば秩父側の方が紅葉は綺麗です。

R140に出て大血川林道、中津川林道のある大滝方面に向かいます。お昼は山の中になることを予測してコンビニでおにぎりなどの昼食を買います。

結局は中津川林道に来ました。

Dscf5159

紅葉最盛期ですかね。かなり落ち葉が落ちています。

Dscf5165

中津川林道を上がります。下には今通ってきた林道と中津川渓谷です。アドレスでダート走るとフロントサスでショックを吸収できないせいかフロントがかなり暴れます。両腕で暴れを押さえますが結構腕が疲れます。

Dscf5166

紅葉も遠目に見ると綺麗ですが近くでみるとただの枯葉ですね

Dscf5167

結構標高が高くなってきました。晴天ならもっと綺麗なんですけどね。

Dscf5168

埼玉、長野県境の三国峠(1740m)に着きました。中津川林道起点から1時間かかりました。途中でお昼食べたり写真撮ったりしましたけどね。

Dscf5170

こちらは三国峠の長野県側ですが埼玉県側が主に広葉樹だったのに対しこちらは植生が変り松類になります。ここは分水嶺にもなっており峠を境に埼玉側は荒川水系で太平洋に注ぎますが長野県側は千曲川やがて信濃川となり日本海に注ぎます。

Dscf5169

長野県に入るとダートから舗装路になります。ちょうどXL230のライダーが走ってきました。

さてこの舗装路を川上村方面に下り次はこの林道を走ります。

Dscf5171

この相木川上林道は以前から知っていましたが今日初めて走ります。

Dscf5173

この辺りも紅葉が綺麗でした。最初はフラットでしたが場所により少し荒れたダートもありました。

しばらく走りカーブの先、道路脇の草地に黒い動物が目に入ります。いざ熊との初対面かと一瞬緊張しましたが立派な角を持つ雄の鹿でした。あんな真っ黒な鹿もいるんですね。目と目が合った瞬間、鹿は森に一目散に走り去りました。写真撮る余裕はありませんでした。

Dscf5175

相木川上林道より川上村と高原野菜畑(レタス畑)が一望できました。

この後川上村に下り川上牧丘林道を登り大弛峠に行こうとも考えましたがイマイチ天気が悪いのと私の腕の筋肉があまりにも疲労してしまった、アドレスも悪路続きでかわいそうなのでこの北側を走る 県124ぶどう峠経由で帰宅の途につきます。

ぶどう峠と言えば確か去年の夏以来崩落で通行止めが続いていたと思います。ちょっと様子も見てみたいので

県2経由で124に向かいます。途中燃料が半分になったので南相木でガスを補給します。今日のツーは前半はダート林道でしたが後半はアドレスでのワインディングになりました。アドレスのような軽いバイクでもワインディングは楽しいものです。ほとんどクルマも走っておらず道路独り占めという感じです。

Dscf5177

ぶどう峠(1510m)に到着。結構寒いです。ズボンの上にカッパをはきます。ここからは長野県から群馬県になり上野村に下りていきます。

Dscf5181

ぶどう峠より上野村に至る県124です。長野県側の方が凸凹がなく快適でしたが群馬側はやや路面が荒れていたり浮き砂があったりで注意を要します。

Dscf5182

こちらは県124から入る中ノ沢林道です。すっかり舗装されてしまった感があります。数年前から走りたかった林道ですがその夢はたせずです。今日も頑丈な鍵でクローズされていました。

上野村からはR299を走ります。途中ヤノタワ線という林道見つけましたが後日走ってみましょう。

Dscf5183

Dscf5184

結構走り応えありそうです。

この後志賀坂峠に行き金山志賀坂林道に入り崩落箇所を確認しました。

前回までの金山志賀坂林道の崩落のブログです。

http://gutan-bike.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_0d9c.html

http://gutan-bike.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_788b.html

http://gutan-bike.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_61ac.html

Dscf5185

ちょっと路面が凸凹になっていますが完全に補修されていました。この林道は中津川に繋がる舗装林道でこの林道も紅葉は綺麗です。ただ浮き砂や小石が落ちていたりするので少し注意が必要ですけどね。

今日は天気があまりよくないのでここからR299に引き返し秩父市街、山伏峠、名栗経由で17時30分頃帰宅しました。270km走行でした。

いゃ~高地は秋から冬に向かっている感じがしました。妻子に聞くと今日は暖かい日だったらしいですが私は体冷えました。帰宅後の風呂は天国ですな。今日晴天であればもっと良かったんですけどね。まぁ良いとしておきましょう。

« 白馬の騎士 | トップページ | 心霊トンネル »

バイク」カテゴリの記事

コメント

紅葉バッチリ!イイカンジですね!
中ノ沢がそんな事に
私も以前入って行ったら
工事関係者に追い返されました
いつかリベンジと思っていたのに~~

中津川も相木川上も、いい感じに色付いてきましたね。
三国峠を跨いだ埼玉側と長野側の景色、植生がガラッと変わって面白いですよね。長野側のカラマツの紅葉はかなり好きな景色です。

まっき~さん、こんにちは。中津川は紅葉綺麗ですね。さすがにスクーターで走るのは疲れましたが。中ノ沢林道は工事終了した感じがしましたが舗装化され厳重なゲート。ここはもう走れそうにもありません。残念です。

ナノレカワさん、こんにちは。三国峠を境にがらりと変る景観。どちらも紅葉は綺麗でした。相木川上林道も面白い林道でした。ここは新緑と紅葉時期はいいところですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中津川林道2:

« 白馬の騎士 | トップページ | 心霊トンネル »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック