« 奥多摩・大丹波の林道2 | トップページ | デブの検査値1 »

2009年1月19日 (月)

信州ドライブ

バイクでなく申し訳ないのですがクルマで出かけてきました。

先週土曜日 1月17日のドライブレポートです。

せっかくクルマなので家族も連れて行こうと思ったのですが 長女は友達と遊びに行くから行かない、妻は峠道は酔うから嫌、次女はお父さんと二人じゃ嫌 ということで一人で行ってきました。

行き先ですが雪深い新潟県の奥地か北アルプスの綺麗な高ボッチ高原 どちらか迷っていましたが関越道が渋滞気味だったので空いている中央道を使い信州の高ボッチに行ってきました。

元々雪道が好きで結構昔、タウンエースの4WDに乗っていたときはスキー場(当時はスキーに凝っていた)や会津、越後の雪路は走って遊んでいました。それも夏タイヤという無謀ドライブです。よく事故らなかったと自分で感心しています。

さて家をでて圏央道青梅ICより乗り通勤割引100km以内の中央道甲府南ICで降り後は国道20号をひたすら西進します。別のカードを挿すという手もあるのですが何か罪の意識感じちゃって

中央道笹子トンネルを出たとたん車窓に広がる冠雪の南アルプスと甲府盆地の市街地、この景色は絶品ものですね。やはり空気の澄んだ冬ならではの絶景です。

20号は山梨県の北杜市になり少し寄り道 前回もZRXで行きましたが

Dscf5414

空気はとても冷たいのですが青い空と甲斐駒ヶ岳の勇姿がとてもいい感じです。

色々この辺りも散策したいのですが次の目標 高ボッチに向かいます。

諏訪湖を見ながら20号を走ります。

長野県塩尻市に入り20号を右折高ボッチ高原に向かいます。看板には冬季通行止めの看板・・・ある程度予測していましたが先に進みます。

Dscf5417

高ボッチ高原への道はほとんど雪路。硬く締まった雪質です。

Dscf5418

通行止めのゲート・・・これでは行き様がありません。5月より通れるみたいですね。

一旦下ります。松本市を抜け乗鞍方面に行こうとも考えましたが北アルプスはどんより雲に覆われておりあまり景色はよくないと判断して中山道 国道142号を走ります。

Dscf5422

中山道を佐久方面に走ります。

Dscf5423

今度は浅間山がとてもいい感じ。クルマだと良い所で止められないのが弱点ですね。コンビニ駐車場から見ました。

国道141号で清里方面に向かいます。群馬県の上野村に抜けるつもりですがぶどう峠、十国峠はおそらく通行止めになっている可能性が高いので県道93号で田口峠を越える事にしました。

Dscf5426

県道93号です。こちらも硬く締まったバーン。前回アドレスV125で走った時より雪は少ないです。もう少し雪があれば面白いのですがね。

Dscf5427

県道沿いの谷川 氷が所々張っています。

Dscf5429

田口峠(約1100m)です。荒船山の岩山です。

ここからは下りになりますがヘアピンの勾配のきつい坂道です。

Dscf5431

こちらは下りです。急ブレーキ踏んだり、急ハンドルしたりこの前履き換えたスタッドレスタイヤを試してみました。ブレーキはよく効きますがやはり左右にケツは振れますね。

さてここを下り群馬県入り上野村を抜け国道299号で秩父に向かいます。

長野県は塩カルが多量に撒かれていますが群馬県は砂がスリップ止めとして撒かれています。

Dscf5432

ここは群馬、埼玉県境の志賀坂峠。峠より金山志賀坂林道が伸びており走ろうと思いましたが進入できませんでした。今度はアドレスで反対側より走るつもりですけど。

秩父市街を抜けて家路を急ぎます。秩父市街では気温が8℃もあり今日は比較的暖かい日だったんですね。

17時頃帰宅しました。430km走行

今回、高ボッチは登れず大変残念でした。リベンジで5月以降ZRXで行くつもりです。

« 奥多摩・大丹波の林道2 | トップページ | デブの検査値1 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

車で…とはいえ、雪の田口峠を走ったとは流石です。田口峠といえば東山林道の入口があるそうなんですがグータンさんは走ったことありますか?走り易く距離もけっこーあるみたいなので今年こそは行ってみたいな〜とおもってます。

焼きつきさん。こんばんは。東山林道はまだ走ったことないんです。春雪解けしてから茂来林道も走ったことないのでセットで行ってみようかなと思っています。あと今年は栗原川とか会津方面の林道も考えています。

栗原川林道はお勧めです。本当に40キロ近くダートが続きます。しかも適度に荒れているのでかなり走りごたえあります。

栗原川去年行きたかったのですが色々雑用が入って行けませんでした。今年は是非。40kmというと大名栗と中津川を連続して走るという感じですね。走り応えありそうです。

栗原川林道には沼田大間々線を走って根利側から入ったほうがわかりやすいですよ。でもグータンさんなら大きめの砂利がゴロゴロでチョット手強い小中新地林道から栗原川林道に繋げても全然大丈夫ですね。こうすれば延べ50キロ近いダートを堪能することが出来ますよー。

なるほど北側からの方が分かりやすいんですね。新地小中を含めると50kmですか。ちよっと走ってみたくなりましたね。あの辺りは雪が深いのでやはり6月以降位にならないと走れませんよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信州ドライブ:

« 奥多摩・大丹波の林道2 | トップページ | デブの検査値1 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック