« 名栗山中を走る2 | トップページ | 信州ドライブ »

2009年1月14日 (水)

奥多摩・大丹波の林道2

今日は久ぶりに奥多摩大丹波にある大丹波林道と真名井林道に行ってきました。

前回はXLR250で行ってきましたが前回は両林道ともがけ崩れで途中Uターンでした。

http://gutan-bike.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_d014.html#more

前回は去年の正月だったんですね。もうあれから1年。最近時が経つのが早く感じられます。

最近朝早く起きれず気が付くとお昼近く。

今日も午後からの出発になりました。

今日はお昼時に関わらず5℃位しかなくとても寒いので初めてセローにハンドルカバーを装着しました。

名栗より小沢峠、軍畑を抜けR411へ バイク街道奥多摩路のR411 走っているのは私だけです。

R411川井交差点を右折して大丹波方面に進みます。

Dscf5402

大丹波の集落を過ぎると道はアイスバーンが目立ってきます。

この道なりに進むと林道大丹波線なのですが起点の看板が見つからずどこからなのかはっきりしません。

Dscf5404

大丹波ヘリポートを過ぎるとダートになります。前回はすぐがけ崩れでUターンしたのですががけ崩れは改修されており先に進みます。実はこの大丹波林道、名栗の大名栗林道とは目と鼻位まで接近しています。この二つの林道が繋がるのを期待しているのですがこちらは東京都、大名栗林道は埼玉県ですので難しいのでしょうか。

Dscf5405

予想はしていましたが雪路になります。

Dscf5407

標高が上がるにつれかなりの雪

Dscf5408

ダートを5km位進行してきましたがこれ以上登れなくなります。かなり頑張りましたが雪の下にはアイスバーンがありリアタイヤは空転するのみです。写真では伝わりませんがかなりきつい勾配です。ここはあきらめUターンします。登りより下りの方が怖かったです。かなりの急勾配でローギアに入れエンブレだけで下るのですがリアが結構振れて何度も転倒しそうになりました。

何とか無事に下り次は林道 真名井線に向かいます。

Dscf5409

ちょっと写真は暗いのですが真名井線起点です。すぐにダート路になります。

Dscf5410

こちらも雪路になりますがほとんどアイスバーンです。

Dscf5411

4km位進みましたがここで登れなくなります。ここは舗装路なのですが急坂のアイスリンク同様と思ってください。リアタイヤは空転するのみです。

Dscf5412

ここで諦めバイクから降りバイクを転回させていたのですが足が滑りバイクもろとも転倒です。足元が滑るのでバイクを起こすのに苦労しました。前後タイヤを道路脇の雪まで持っていき起こしました。いゃ~疲れました。

ここでは下りでもう一回転倒、左膝を路面に叩き付けましたがプロテクターのおかげか少々痛い程度で済みました。

Dscf5413

結構降りてきました。下には真名井沢とこれから下る真名井線です。

今日は奥多摩の日原にある日原林道にも行く予定だったのですがこの2つの林道走行に時間を費やしてしまいタイムアウトになりました。

やはり雪路はアドレスの方が走破性は優れていますね。シート高が高いと両足で支えるのが困難になり転倒してしまいます。また転倒のダメージもセローの方が大きいです。この真名井林道、気温は多分マイナスであったと思いますがアイスバーンとの格闘で汗かくほど暑かったです。

去年暮れにアドレス用のIRC GP110は注文してあるのですがまだ来ていないみたいですね。

16時頃帰宅。80kmの走行でした。グリップヒーターとハンドルカバーのおかげで指先は暖かったです。

« 名栗山中を走る2 | トップページ | 信州ドライブ »

バイク」カテゴリの記事

コメント

さすがはネ申!恐れ入りました(笑)グータンさんおっしゃる通り、雪道ではオフ車なんかよりもアドレスみたいな両足ベッタリが最強かもですねー。つい最近も「業物」に雪の奥武蔵GLに突撃した人たちの写真がUPされてましたが乗ってるバイクはKSRとモンキーBAJAでした。昔うちにもヤマハのTDR80があったんですよ。ほとんど街乗り専用だったんですけどね。売らずに取っておけばよかったなぁ。

焼きつきさん、こんにちは。やはりローシートで両足の補助がないと雪路はつらいですね。特に下りはすぐ転びそうになります。またアドレスなんかですと左ブレーキ(後輪ブレーキ)が微調整できるのでその点も良いと思います。

すごい勇気ですね!!
バイク復活できそうなので、春になったら一緒に走りましょうね♪楽しみにしていますね♪

こんばんはジョルノです。冬の林道は危険ですね。確かにスクーターは足付き性がいいですよね。凍結でなくてもタイヤが滑ったり、バランスを崩した時に両足が出せますし、自分もヒヤヒヤする時もありますが事無きを得る事が多々ありますね。自分が今一番怖いのは二月から梅雨入りまでの花粉症ですね(T_T)今日は雨の予報だったので近場でと思い初の奥多摩周遊道路に行ってきました。驚きました。路肩に雪、山肌も雪でした。ライダーもハイカーも凄く少なく、よく居る白馬の騎士もいませんでした。奥多摩もいいですが、ここら辺の峠なら自分は山伏が一番好きですね。

ご婦人さん。こんにちは。バイク復活されたのですね。よかったです。勇気というか単なる馬鹿です(笑)また一緒に走りましょう。

ジョルノさん。こんにちは。奥多摩周遊も寒いですよね。あそこは融雪剤で路面だけは雪ないのですが雪路ならもっと面白いのですがね。私も山伏をアドレスで下るとおもしろ過ぎです。

(/□≦、)すごいです・・・
でも、ゆっくりで崖に落ちなかったら楽しそう!!
軽い雪道散策ってバイクでしてみたいです!
そうゆうところ走るのってどんなタイヤなんですか?
普通の?(普通ってなんだよ
一人は恐いけど一緒に走る人いたら絶対に
楽しそうですね!!
なるほど、オフ車ならいいってもんじゃないんですね。
やっぱ倒れること前提に考えたらベタ足かぁ~
このブログ読むといつもいろんなバイク欲しくなります。

si-moさん、こんにちは。バイク用のスノータイヤがあるのですがそれを履くと普通の道が走りづらくなる(タイヤ断面が丸状ではなく接地面が広くなるよう角ばっている・コーナーがまがりづらい)のでノーマルタイヤです。アドレスも普通のブロックタイヤ履くだけです。アイスバーンと深雪でなければ何とか走れます。登りは怖くないのですが下りは怖いですね。アイスバーンでは軽く後ろブレーキをポンピングブレーキの要領でかけます。ガードレールが無い場合は谷に滑落しないように山側を走るようにしています。私も一度普通の未舗装路で岩でフロントが浮き転倒して体は谷に落ちかけましたがハンドルにつかまり何とか落ちずに済みました。いつも単独行動なので遭難しないように気をつけていますけどね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩・大丹波の林道2:

« 名栗山中を走る2 | トップページ | 信州ドライブ »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック