« 木曽路中山道・白川郷・五箇山の旅 2日目 | トップページ | 鉄道写真を撮る4 »

2009年5月28日 (木)

初めてのパンク

今日は小雨でしたが秩父の百名爆の一つ 丸神の滝に行きました。がトラブルつづきでした。

夜勤を終え家で寝た後、午後は雨も小雨になったのでバイクで行きたいところですが軽のムーヴで奥秩父 丸神の滝に行ってみようと思ったのですが・・・

現地に着くとかなり激しい雨。滝まで山道を20分歩かないといけないので諦めます。意気地がないんですね。また後日行きます。

Photo

途中の沢 小さな沢ですが水がとても綺麗です。傘さしながら撮影

さてクルマに戻り発進するのですが異音とハンドリングが変なのに気が付きます。

少し広い路肩に止めクルマを見ると

Photo_2

リアの右側がパンクしている・・・唖然

仕方ないので応急タイヤを付けます

Photo_3

応急タイヤに付け替えました。

パンクしているタイヤを見るとカッターの刃が刺さっていました。帰宅後パンク修理セットで何とか今後も使えないかやってみましたが切創が長いせいかダメでした。ドラスタとかでタイヤ1本買うようです。誰がカッターの刃を道路に捨てたのか・・・余計な出費になっちゃったじゃないスか。

バイクだったらお手上げだったです。

しかしクルマには25年以上乗っていますが初めてパンクしました。

« 木曽路中山道・白川郷・五箇山の旅 2日目 | トップページ | 鉄道写真を撮る4 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この日。。。ふれあい牧場のポピーや小鹿野や皆野(蕎麦はしば)を友人車で走ってました(≧m≦)
3時のオヤツに、まのじ庵でアイスを
私もバイクで行く予定でしたよ~~
雨とパンクで残念な一日でしたね

もへ子さん、こんにちは。秩父地方は雨でしたね。蕎麦とアイスいいですね~。幸いにもクルマでのパンクだったので予備タイヤの交換だけで済みましたがバイクではJAF呼んでレッカー移動してもらうようでした。と言っても携帯圏外の山の中だったので通じるところまで歩いて行って連絡するようでした。今日ドラスタでタイヤ1本買って来ました。参りました(泣)

こんにちは。車はスペアタイヤを積んでいるから数十分もあれば復帰できますが、バイクは同じには運ばないです。増してやチューブタイヤならお手上げです。
考えてみれば車も含めツーリングは行き当たりばったりな運任せで、何も無ければラッキーみたいなところがあります。かと言ってあらゆるトラブルを想定して装備をすると日帰りでさえものすごい荷物になるし。そもそも、長年バイクに乗っていて大きな事故も起こさず五体満足で生きてこれた事は幸運でパンクはその厄落としとして・・・でも思わぬ出費はついてないなぁと思っちゃいますね。

はまカフェさん、こんにちは。本当にそう思います。今まで一人で誰も来ない山の中にバイクで入って行って何もトラブルが無かったのはラッキーだったような気がします。パンクやエンジントラブルでバイクが動かせなくなったら途方に暮れちゃいます。そういうトラブルが無いのを祈るしかないですね。

パンク...。

学生のときに同行した友人の二輪が金属片を踏んでしまい、タイヤに 2cm ほどの切り傷ができたことがあります。こうなると修理もできず、高価なスポーツ用タイヤを交換することになりました。

私はいままで四輪車で1回木ねじを踏んだだけです。そのときはわずかずつ空気が抜けたので、数日間気が付きませんでした。外から自分で修理できました。

今乗っているスカイウェイブの車載工具収納場所に少し余裕があるので、パンク修理キットと手押しポンプとを持ち歩いています。パンクするにしても、釘でかんべんしてほしいですね...。

Shiraさん、こんにちは。前にアドレスの古タイヤにわざと釘さしてみたのですがチューブレスですと中々空気は抜けずパンク修理キットで修理可能でした。今回は1cm位のカッターの刃が刺さり一気に空気が抜けました。パンク修理キット使ってみましたが全然ダメでした。バイクならどうなっていたのかちょっと恐ろしい気もします。しかしカッターの刃を路上に捨てるのもいかがなものかと思います。

バイクの話ですが、以前自宅前で釘を踏んでパンクしてしまい、いざという時の練習も兼ねてパンク修理をしました。
真夏に汗だくになりながらなんとかパンクを直し、いざタイヤを戻してみると、タイヤレバーでチューブを噛んでしまい、もういちどやり直すハメに・・・。
あれが山の中だったらと思うとぞっとします。今までツーリング中になんともなかったのは、やはり単に運がよかっただけなのかなとは常々思いますね。今後も何事もないことを祈るのみです。

ナノレカワさん、こんにちは。やはりパンクは一番怖いですね。普段1人で行動していて誰も来ない携帯も圏外という山の中でパンクしたら途方に暮れるしかないですね。チューブ、空気入れ、ジャッキ等をバイクに積むとかなりの荷物になってしまいます。ホントパンクしないように祈るしかないですね。

私らも先日のツーでフォルツアが金属片を踏んでパンク。持っていたチューブレス用の修理キットで治しました。焼きつきは日頃の行いが悪いせいか、けっこうパンクに見舞われてます。タイヤ交換してから100キロも走らないうちに釘を踏んだ事が二回もあります(笑)やはり怖いのはチューブタイヤのパンクですよねぇ。釘を踏んだような、いわゆる「穴」のパンクならムースタイプの修理剤でもイケるんですけどねー。林道にも行くのならチューブタイヤの交換はマスターしておく必要がありますね。

焼きつきさんこんにちは。林道でチューブタイヤがパンクしたら大変ですよね。1回フロントタイヤのパンク時の予行練習しましたがかなり時間がかかりました。バンク修理に慣れた人と林道に行くのが1番かと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのパンク:

« 木曽路中山道・白川郷・五箇山の旅 2日目 | トップページ | 鉄道写真を撮る4 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック