« 花の撮影 | トップページ | 秩父ツーリング »

2009年6月10日 (水)

群馬、新潟ツーリング

昨日9日(火)のツーリングレポートです。

今日は何とか天気が持つと言うことでぐZRXでツーに行ってきました。

寝坊癖のある私としては珍しく5時に起きて朝早くの出発になります。

通勤割の効く関越道東松山ICより乗ります。

Dscf5870

まずは赤城PAまでノンストップで来ました。ちょっと出しすぎたかな~

まずは谷川岳の北側と言うのでしょうか絶壁の美しい一の倉沢に行ってみましょう。

20年振りでしょうか。

水上ICから近いのですが通勤割の100km圏内を越えてしまうので一つ手前の月夜野ICで降ります。天気は曇りですが湯檜曽川の清流とまだらの残雪模様の上越国境の山々がとても綺麗です。

Dscf5871

国291の谷川岳ロープウェイを過ぎ4km位進行してきたところで通行止めとなり20台程度の駐車場があります。

少し歩くのでウェアーを脱ぎます。

クルマは何台か止まっていますが周囲には一の倉沢の写真撮っている人一人しかいないのであとの人は一の倉を登攀しているのでしょうか。

Dscf5872

国道291の通行止めです。この291は群馬県と新潟県を結ぶ国道ですがここから新潟県南魚沼市まで20数キロは点線国道になっています。

Dscf5873

点線国道を少し歩いてみます。実はここをセローで走りたいのですが流石にバレたら怒られますよね。

色々ネットで調べると県境の清水峠までは何とか道があり新潟側は完全に崩落しており廃道と化しているみたいです。ここを歩いた人はいますがバイクでの走行はないみたいですね。というかバイクで進入したら別の人に通報されそうです。ここを走るのはやめておきましょう。

Dscf5874

ここには一の倉沢で遭難した人の碑なんでしょうかプレートが多いですね。個人名なので消しました。

Dscf5875

遺族でしょうか 献花してありました。

Photo

一の倉沢 前回はブルーの空と紅葉だったのですが今回は曇り空。雪解けの沢、雪渓沿いに登り衝立になります。700名以上が命を落とした魔の山らしいです。写真では伝わりませんが凄く雄大で確かに征服してみたい衝動にかられるのかもしれません。

また紅葉時期に来て見ましょう。紅葉時期はロープウェイ駅から歩くようですけど

この地を後にして県63号で奥利根方面に進みます。

Photo_2

途中にあった裏見の滝。何年前か忘れましたが二度目です。バイクを止め最大30度くらいの斜度の山道を下ります。帰りの登り坂がきついこと

湯の小屋温泉を過ぎると照葉峡と呼ばれる綺麗な渓流沿いを走ります。

Dscf5877

照葉峡の撮影しようと思ったら視度補正レンズが割れていました。私は近視で老眼なんですが、いつもAF(オートフォーカス)機能を使わず昔ながらの手でレンズのリングを回しピントを合わせる私にとってはとても痛いです。ここに来るまで道が空いており道の凸凹がありましたが気持ちよいワインディングで飛ばし過ぎたのかリアボックスの中でザックに入れていたカメラと望遠レンズが暴れたみたいです。多分ぶつかり割れたかと・・・普段慣れないAF機能を使いますが写真がイマイチになってしまいました。

Photo_3

照葉峡です。カメラのピントあわせがうまくいかず撮影は諦めます。また紅葉時期に来て見ましょう。

さて尾瀬方面に行きたかったのですがガソリン残量が気になり水上方面に戻ります。

一旦補給してこれで帰途につくのももったいないので三国峠を越えて新潟県に行きます。

国道17号ですが三国峠まではかなりの登り坂 大型トラックやトレーラーが多くゆっくり走っています。かなりのトラックを抜いてしまいました。

Dscf5878

苗場スキー場です。シーズンでは無いせいか人が少なく寂しい感じです。

さて石打からR353、R117、R405で陸の孤島 秋山郷を目指します。

Photo_4

新潟県に入り関東とは違う景色ですね。さすが米ところ新潟ですね。のどかな田の風景が広がります。

Photo_5

秋山郷に近づきますが民家はこんな感じ。合掌つくりとは違うのですが屋根の傾斜が急です。屋根の雪が積もらないようになんでしょう。関東の民家とは造りが違います。

国道405号で南下して秋山郷を目指しますが道は舗装ながら林道並みに細い道です。中津川沿いを走りますがかなりの山奥です。

Dscf5883

秋山郷ですが先日の白川郷や五箇山とは随分違います。点在する集落と温泉宿があります。あまり観光地化されていない山奥の秘境の雰囲気を感じました。

この秋山郷へのアプローチは国道405で南下するか奥志賀林道、雑魚川林道(秋山林道)経由の2本しかないみたいです。冬季は奥志賀林道が閉鎖されるため国405のみですがこちらも林道であり積雪が多いと現在でも陸の孤島になるのかもしれません。

帰途は奥志賀林道で奥志賀から草津に抜けます。

草津志賀道路での出来事ですが左カーブに突っ込んだ際いきなり目の前に中央線を跨いで走ってくる普通乗用車が すれすれですれ違ったけどかなり危なかった。

こちらも60~70出ているので正面衝突したら死んでいたかも・・・あぶら汗がでました。対向車は右カーブなので膨らんだのではなくボーとしていたかよそ見していたのかも知れません。死んだら死人に口無しで相手の都合の良いように事故処理されそうです。バイクでカーブ攻めるのは楽しいのですが死と隣り合わせという事に恐ろしくなりました。

Dscf5887

国道最高地点で一息いれます。ガスっています。先ほどは怖い思いをしました。

Dscf5888

下りはスピードを落として草津まで下りました。

草津から北軽井沢、軽井沢 国道18号で高崎に至ります。さすがに標高が下がり渋滞に巻き込まれ暑くなってきます。

Dscf5889

高崎のコンビニで一服・・・ここで走行距離が550kmになりさすがに腕がパンパンになってきました。まだこれから高速道路が控えています。

高崎ICより関越道に乗り通勤割の効く東松山まで乗ります。

20時頃帰宅。走行は640kmでした。一日重たいバイクに乗っていて凄く疲れました。怖い思いもしましたし。風呂入り夕食とって早々に寝てしまいました。やはりツーは500km以内くらいがいいのかもしれません。今日行った群馬の一の倉沢と奥利根、また紅葉時期に行きたいですね。

« 花の撮影 | トップページ | 秩父ツーリング »

バイク」カテゴリの記事

コメント

今晩は、2740GGです。

大変びっくりしています。今日、会社で昼休み中に次回のツーリングを考えていました。昨日グータンさんが行かれた、逆周りを。
いかがでしたか、奥志賀林道の状況は?

こんにちは~ご無沙汰してます。
なんとR291ですか!
確かそこってトライアル車でも無理っぽかったようなw

こんばんはジョルノです。水上行きたいですね~。何年か前の冬に電車で行ってから行ってないですね。新潟も楽しそうですね。やはり大型は長距離は辛いですか~。自分は原付で3~500キロ走る機会が多いですが、相当疲れますね。

2740GGさん、こんにちは。奥志賀林道は通行止め等なく走破可能です。秋山郷ですが山奥の秘境の温泉地といった感じです。

ANJIさん。こんにちは。清水峠まで行けるのか分かりませんが一度走ってみたいですね。バレたらヤバそうですけどバイクで走った人いるんですかね~?

ジョルノさん。こんにちは。やはり重たいバイクでの長距離はだいぶ体力使いますね。峠越えのカーブが多かったですし。次の日は両腕が筋肉痛でした。

狭い道に大きな車で 640km は大変でしたね~。スカイウェイブに乗ってわかりましたけど、疲れてからの高速はけっこう「きます」からね...。

記録を見てみたら、私はアドレスで 600km 超のツーリングは未体験でした。上位3回は:
1. 540km
2. 472km
3. 439km
でした。

Shiraさん。こんにちは。私も日帰りとしては多分最長距離ではなかったかなと思います。やはり500km越えると少々しんどくなってきますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群馬、新潟ツーリング:

« 花の撮影 | トップページ | 秩父ツーリング »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック